ノード属性の設定

名称

ノード属性の設定

使い方

ノードID [ 属性名 ];

ノードID [ 属性名 = 設定値 ];

ノードID [ 属性名 = 設定値 , 属性名 = 設定値 , ...];

概要

ノード属性の設定をします。

ノードに表示するラベルを定義します。省略された場合は ノードID が利用されます。

属性

label = String

ノードに表示するラベルを定義します。省略された場合は ノードID が利用されます。

style = Type of line
ノードを囲む境界線の種類を指定します。省略時は実線で囲います。
dotted
点線で囲います。
dashed
破線で囲います。
Number, Number, ...

線の長さ、空白の長さをカンマ区切りで交互に指定します。

バージョン 0.9.6 で追加.

color = #RRGGBB or colorname

ノードの背景色を指定します。 none を指定すると透明になります。指定がない場合は白です。

numbered = Integer

ノードの番号を指定します。

設定されたノードの番号は、Sphinx 拡張で desctable オプションを利用している場合に、生成される表の No. 列に利用されます。

shape = Type of shape

ノードの形状を指定します。省略時は box です。詳細は ノード形状の変更 を参照してください。

形状はレンダラプラグインによって拡張することが可能です。

バージョン 0.6.5 で追加: (experimental)

バージョン 0.6.6 で追加: actor shape に対応

バージョン 0.8.2 で追加: dots shape に対応

background = background image

ノードに背景画像を張り付けます。ファイルパス、または URL で指定できます。

stacked

ノードを重ね合わせた状態にします。

バージョン 0.8.2 で追加.

description = description

Sphinx 拡張で desctable オプションを利用している場合、図の下にテーブルを表示します。

表示される列は name と description です。 name には ノードID または label 属性が利用されます。

バージョン 0.8.0 で追加.

icon = Image file

ノードにアイコンを設定します。ファイルパス、または URL で指定できます。

バージョン 0.9.0 で追加.

textcolor = #RRGGBB or colorname

ノードのラベルの色を指定します。省略時は黒です。

バージョン 0.9.2 で追加.

width = Integer

ノードの幅を指定します。省略時は128です。

バージョン 0.9.5 で追加.

height = Integer

ノードの高さを指定します。省略時は40です。

バージョン 0.9.5 で追加.

fontsize = Integer

ノードのラベル属性のフォントサイズを指定します。省略時は11です。

バージョン 0.9.7 で追加.

rotate = Integer

ラベルの回転角を指定します。0, 90, 180, 270 のいずれかの値を設定できます。省略時は0です。

設定例

label 属性の設定例

blockdiag {
   // Set labels to nodes.
   B [label = "foo"];
   C [label = "bar"];

   A -> B -> C;
}

style 属性の設定例

blockdiag {
   // Set boder-style to nodes.
   B [style = dotted];
   C [style = dashed];
   D [style = "3,3,3,3,15,3"];

   A -> B -> C -> D;
}

color 属性の設定例

blockdiag {
   // Set backgroun-color to nodes.
   B [color = none];
   C [color = pink];
   D [color = "#888888"];

   A -> B -> C -> D;
}

numbered 属性の設定例

blockdiag {
   // Set numbered-badge to nodes.
   B [numbered = 99];
   C [numbered = A];

   A -> B -> C;
}

shape 属性の設定例

blockdiag {
   // standard node shapes
   box [shape = "box"];
   roundedbox [shape = "roundedbox"];
   diamond [shape = "diamond"];
   ellipse [shape = "ellipse"];
   note [shape = "note"];

   cloud [shape = "cloud"];
   mail [shape = "mail"];
   beginpoint [shape = "beginpoint"];
   endpoint [shape = "endpoint"];
   minidiamond [shape = "minidiamond"];
   actor [shape = "actor"];
   dots [shape = "dots"];

   box -> roundedbox -> diamond -> ellipse;
   cloud -> note -> mail -> actor;
   minidiamond -> beginpoint -> endpoint -> dots;

   // node shapes for flowcharts
   condition [shape = "flowchart.condition"];
   database [shape = "flowchart.database"];
   input [shape = "flowchart.input"];
   loopin [shape = "flowchart.loopin"];
   loopout [shape = "flowchart.loopout"];
   terminator [shape = "flowchart.terminator"];

   condition -> database -> terminator -> input;
   loopin -> loopout;
}

background 属性の設定例

blockdiag {
   // Set background image to nodes (and erase label).
   A [label = "", background = "_static/python-logo.gif"];
}

stacked 属性の設定例

blockdiag {
   // Set stacked to nodes.
   stacked [stacked];
   ellipse [shape = "ellipse", stacked];

   stacked -> ellipse;
}

description 属性の設定例

blockdiag {
   // Set numbered-badge and description to nodes.
   A [numbered = 1, label = "Input", description = "Beef, carrots, potatoes, curry powder and water"];
   B [numbered = 2, label = "Process", description = "Simmer and simmer"];
   C [numbered = 3, label = "Output", description = "yum-yum curry"];

   A -> B -> C;
}
No Name Description
1 入力 Beef, carrots, potatoes, curry powder and water
2 Process Simmer and simmer
3 Output yum-yum curry

icon 属性の設定例

blockdiag {
  A -> B -> C;

  A [icon = "_static/feed-icon-legacy_orange.png"];
  B [icon = "_static/feed-icon-legacy_blue.png"];
  C [icon = "_static/feed-icon-legacy_purple.png"];
}

textcolor 属性の設定例

blockdiag {
  A -> B;

  A[textcolor=blue];
  B[textcolor='#FF00FF'];
}

width と height 属性の設定例

blockdiag {
  A -> B;

  A[width=192];
  B[height=64];
}

fontsize 属性の設定例

blockdiag {
   A -> B;

   A[fontsize=20];
}